自宅でも、ボイストレーニングは出来ます。ある商品では1日2回30呼吸することで、肺筋、腹筋、横隔膜を強化する事が出来ます。ボイストレーニングだけでなく、肺機能を強化するので、スポーツ選手や舞台俳優、管楽器奏者など、声や肺活量をメインとして行動する方に使われています。なので、この商品を使えば、自宅で呼吸をするだけで、肺活量が強化され、音域や声量をいつもより出すことが可能になります。他にも、ある商品を噛んで、発生するだけで、滑舌や大きな声を出すことができます。他にも、正しい音程や、高音、声の印象が良くなったりします。紹介した二つとも、サイズが小さいので持ち運びができ、いつでもどこでも使用する事ができるので、家でいつでもできるボイストレーニングとしてはおすすめです。

ボイストレーニングをするにあたっての手順

ボイストレーニングの手順は、1裏声の練習、2チェストボイスの練習、3ヘッドボイスの練習、4ミドルボイスの練習、5腹式呼吸の練習、6滑舌の練習、7ボーカルエクササイズが仕上げとなります。裏声の練習では、裏声での発声を出すことから慣れましょう。チェストボイスの練習では、喉を開いた深い声が出せるように練習します。ヘッドボイスでは、クラシックのような裏声を出せるようにしましょう。ミドルボイスでは、高音域を意識して、裏声の音域を自在に操れるようにしましょう。腹式呼吸の練習はお腹の中から声を出すようにし、歌声を安定させましょう。滑舌の練習では、言葉をはきはきと意識する事で、はっきり聞こえるようにしましょう。ボーカルエクササイズでは、音階を使いながら、裏声と地声をスムーズに切り替えられるように練習しましょう。

自宅でできる基礎のボイストレーニング

ボイストレーニングをする前に、まず体をほぐしましょう。特に上半身はほぐしておいた方がいいのですが、肩が凝っていたり、首の筋肉が固まっていたりなどするといい声は出せません。体に変な力が入り、声を腹式呼吸だけで出すことができなくなります。まずは、息を吐いたり吸ったりするだけのトレーニングをしましょう。基礎中の基礎ですが、こういった地味な練習が結果に繋がります。常に腹式呼吸を意識しながら呼吸を意識してください。慣れない内は、ヘソの下に手を当て、お腹の動きを確認しながらトレーニングすると言いでしょう。このトレーニングを30分程してください。30分も同じことをするのは、退屈でしょうが、基本なので怠らないようにしましょう。長く息を吐くと、大体の方はお腹から吐く息がなくなり、腹筋がぷるぷるします。腹筋を使う事で声量も増えていくので、基礎から頑張りましょう。